web-standardizationWebで伝える
Webで伝える

【Facebook】あなたの投稿は16%しか読まれていない?

個人のFacebookアカウントを仕事の拡散目的で使うなら、リンクはコメント欄に書くように推奨されます。
その理由が気になり、調べてみました。

リンクをシェアした記事より、コメント欄にリンクを貼った記事の方が、お友だちのニュースフィードへのリーチ率(表示率)が高いことが、理由なのだそうです。

メールは100%友だちに届く・Facebookは届かない

メールボックスのトラブル、迷惑メールへ紛れ込む。なんてことがないかぎり、メールは100%お友だちに届きます。
確実性が高いからこそ、ビジネスの連絡手段として使われ続けているのでしょう。

ところが、Facebookへの投稿は届かないのだとしたら?

なんと! リーチ率は2割弱?!

リーチとは、投稿がお友だちのタイムラインに表示される率のこと。
「2012年にFacebookが行ったカンファレンスで、リーチ率が16%だと述べた」ことが根拠のようです。
あなたのFacebook書き込みは友達の16%にしか届いていない | TechCrunch Japan
お友だちが200人なら32人! 5000人でやっと、800人に届きます。

800人の目に留まった上で、2割のお友だちがいいねしたなら、160いいね。
応援いいねを取り除くと……何人に届いたのでしょう。

投稿の種類でリーチ率が変わる

写真>テキスト投稿>リンクのシェアの順でリーチ率が低くなるといわれています。
だから、投稿には写真を入れる。リンクはコメント欄に書くんですね。

個人の意見としては、リンクをコメント欄に書くことで「投稿のいいね」が増えても、リンクをクリックするかは、疑問です。

まとめ

お友だちに届くかは、投稿の種類で決まるわけではありません。
様々な要因が絡み合っています。

  • 親密度×重み×経過時間からなるエッジランク
  • ファン度ともいえるエンゲージメント率
  • 共感できる話題か
  • 興味がある話題なのか

だからこそ、少しでも届く確率を高めたいなら、以下の方法を取り入れる価値があるんですね!

  • コメント欄にリンクを貼る。
  • 本文にリンクを追加するなら、投稿した後に編集して追加する。
  • コメントはちょっとおいてから返信する。
  • 自分の記事にもいいねする。

Facebookを使った集客は、熾烈な生存競争なのだなぁと思わされました。
いつかわたしも、食物連鎖の頂点へ……笑

Category : Webで伝える

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

Webデザイナー Luelue 丸山

Webデザイナーの立場から、個人事業主のWeb活用をテーマに発信しています。
得意分野はWebデザイン。イラストレーション。コーディングもぼちぼち。
WordPressテーマblanc note.を作ったり、お絵かきにブログ、SNS起業に足を突っ込んだり、収集がつかなくなり最近自粛してます。
プライベートでは娘の写真を撮ってスクラップブッキング、手帳・文具・万年筆をこよなく愛する親バカ系。

ブログ一覧へ戻る