branding自分らしさの表現法
自分らしさの表現法

手作りのチラシとキチンとデザインされたチラシどちらがいいの?

先日、こんなご質問をいただきました。

「チラシを張ってもらえる場所を見つけました! 活動を知ってもらうためのチラシも注文できますか?」

答えは「もちろん作れます!」ですが、掲示するチラシなら手づくりの方がいいかも?

なぜ、掲示用のチラシは手づくりがいいの?

掲示するためのチラシというと、貼る場所が限られているので1枚だけになりそうですが、その1枚限りのチラシに数万円を投資するのは、費用対効果が良いとは言えません。

また、手づくりのチラシが多い場所にデザインされたチラシを掲示しても、きちんと読んでもらえない可能性があります。

「あ、ここにあるのは『企業の広告』なのね。」と無意識に引いちゃうことありませんか?

ブログに広告を貼るなら、バナー広告より文中のテキストリンクの方がクリック率が高いと言われますが、それと近しい心理だと思っています。

区やコミュニティセンターの掲示板などに掲示されている情報を読む方は、なんらかの情報を探している方です。
であれば、見た目で惹きつけるよりも「こんなことをやっている人がいるんだ」とわかる内容を、シンプルに張り出す方が効果が高いでしょう。

もちろん、費用のことは気にしない、周りの手づくりのチラシと差別化したいからしっかりデザインしたい。ということなら、プロにデザインしてもらえばより良いものが出来上がると思いますよ。

会社でも、営業マンがサービスの詳細を伝えるために、お客様に配る資料はwordやpptで作られたお手製のものだったりします。
「会社なら予算があるんじゃ?」とお思いかもしれませんが、その都度内容が変わるサービスであれば、必要な時に必要な分だけ、自社のプリンターで印刷したほうが合理的です。

直接お会いした方に手渡しするチラシは?

salon-image

お茶会など、直接コミュニケーションをとった後に手渡しする場合も、手づくりのチラシは効果的です。

服を買ったショップから手書きのメッセージが添えられたDMが届くと、ほっこりした気持ちになって「また足を運ぼうかな。」と思うことありませんか?

しかし、提供しているサービスによっては、ご家族に見せて相談する可能性があります。その場合は、キチンと感があるチラシを作っておきたいです。
お友達にならスッピンを見せられても、お友達の旦那さまにも一緒にお会いするとしたら? 最低限のマナーとしてメイクをして装いにも気を使うんじゃないかしら。

誰かが口コミでオススメする場合も、デザインされたチラシがあると強いですよ。

大好きな彼だけど、バンドマンで金髪。両親に紹介できない……なんて状態に近しいかも〜〜!

チラシ自体のデザインが素敵なら、それだけで紹介しやすくなりますよ。

店頭に置いてもらうチラシなら?

town-poster

店頭であれば、似たようなチラシがたくさん置いてある可能性が高いです。

そこで、一発で見つけてもらえるように、印象的なデザイン・潜在顧客層が手に取りたくなるデザインにしておくと効果的です。

たいして興味はなかったけど、デザインが可愛かったから持ってきちゃった。なんてケースもあります。

それで覚えていただけたら最高ですね。

まとめ

TPOによってお洋服を変えるように、一言でチラシと言っても状況によって向き不向きがあります。
お渡しする状況や、置いて置く場所、掲示する場所等々……。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

手作りでもOK!!

  • 手書きのチラシが多い場所に掲示する場合
  • コミュニケーションをとった後にお渡しする場合

プロに依頼してしっかりデザインしてもらうほうがGood!!

  • チラシを手に取った誰かが、別の誰かに見せる可能性がある場合
  • 多数のチラシの中から見つけてもらう必要がある場合

デザインのオーダーについて聞いてみたいことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
ブログの記事として回答させていただきますね。

Category : 自分らしさの表現法

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

Webデザイナー Luelue 丸山

Webデザイナーの立場から、個人事業主のWeb活用をテーマに発信しています。
得意分野はWebデザイン。イラストレーション。コーディングもぼちぼち。
WordPressテーマblanc note.を作ったり、お絵かきにブログ、SNS起業に足を突っ込んだり、収集がつかなくなり最近自粛してます。
プライベートでは娘の写真を撮ってスクラップブッキング、手帳・文具・万年筆をこよなく愛する親バカ系。

ブログ一覧へ戻る