homepage伝わるホームページ
伝わるホームページ

これからのホームページはスマホファーストになる?

こんばんは、るこです。

ひと昔前はホームページといえば「パソコン」で見るものでした。
しかし、近頃の大学生は、パソコンのキーボードを打つことができないのだと聞いて、最近びっくりしました。
ホームページもスマホで見るものですし(というかホームページって意識してないですよね)時代はどんどん移り変わりますね〜。
そこが面白いんですが!

さてさて、春頃公開したホームページのお話。
ご予算が決まっている中での制作。

  • デザインはオリジナリティを持たせたい
  • ご自分で更新できるようにWordPressを使いたい

という2つのご要望がありました。

そこで、ご予算に収めつつ満足度の高いホームページになるよう、「スマホファースト」にしてはどうかとご提案させていただきました。

スマホファースト(スマホ優先のホームページ)ってありなの?

smartphone-first_01
6年ほど前、私が会社員だった頃は、ホームページといえばパソコン向けのサイトでした。
ガラケー向けのサイトサイトを作ることもありましたが、通信速度の遅さや容量制限などが厳しく、Webサイトと同じだけの情報を載せることが難しいため、パソコン向けのサイトが主流だったんです。

時代は移り変わり、東京ではガラケーを使っている方を見かけることも少なくなりました。

業種によりますが、女性向けのホームページでは、ユーザーの80%がスマホから閲覧しているなんてこともあるそうです。
個人的に運営しているママ向けのブログ(月間30,000PV/25,000UU)は、ユーザーの80%がスマホからアクセスしています。

顧客層がどんなシーンでどの端末を使ってアクセスするかを想像する

顧客のイメージを固め、使用シーンを想像すると、こんなメリットがあります。

  • お客様が使いやすいサイトを作れる。
  • 必要以上に凝ったサイトを作らないで済む。
  • コストカットにつながる。

事例:個人事業主様・顧客層は30代後半〜50代前半の女性

今回制作させていただいた個人事業主様のサービスサイト。
今までホームページはパンフレット代わりにつかってきたそうです。
現在は、ご紹介や口コミでお客様が増えているそうでした。

顧客は女性。30代後半〜50代の方が多いそう。
どのような経由でホームページを知るかは、Facebookやアメブロから。
または直接お渡ししたお名刺など。

検索流入は地域+サービス名が主

地域名で調べる方は、その地域にお住いの方か通勤されている方だと思います。

お近くにお住いの方はご自宅でパソコンを立ち上げて検索するかもしれませんが、通勤されている方はお手持ちのスマートフォンで検索するのではないでしょうか。

というのも、会社のパソコンってセキュリティが厳しく一台一台監視されていることが多いからです。見てるサイト、知られたくないですよね……꒰。・ω・`;꒱

仮説:スマホファーストにするメリット

smartphone-first_02
◆すでに顧客となっている方が、お友だちや知り合いに紹介する場合
LINE等のツールでサイトのURLや連絡先を共有することが多い

◆ご本人がチラシやお名刺を配る場合
その場や帰りの電車の中でホームページを見て頂ける可能性が増える

仮説:WordPressを導入するメリット

◆検索流入経由での集客にも力を入れたいなら
役に立つ記事を書いてWebサイトに載せることも効果的。
(今までアメブロに書いてきた記事がありますが、探しづらいのが難点なので……整理するだけでも親切になります)

結論:スマホファースト × WordPressで制作する

  • スマホファーストのデザインにすることで、コストを抑える
  • WordPressを導入することで、ご自分で柔軟にサイトを育てられるようにする
  • ご自分で更新することで、更新に掛かるコストをカット
  • PC向けのホームページは、予算に余裕ができたら作る(一枚ペラのランディングページか何かを)

という結論に達しました。

企業様の運営するサイトでも、顧客が若い女性ならスマホを優先する

もう一つ春頃にリリースしたスマホサイトがあります。
こちらは企業が運営しているサービスの紹介サイトで、ターゲットは若い女性です。

アクセス解析のデータがあり、7割程度がスマホからのアクセスでした。
そこで、スマホサイトから着手することになりました。

ほんとに、世の中モバイルファーストですね。

高額商品・パソコン向けサービス・対企業サイトは、PCサイト優先。2017年までにスマホ対応する

一個人がご自宅のパソコンで腰を据えて検討するモノが何か?
と考えると、車やマンションなどの高額商品だと感じます。
「じっくり検討したいもの・こと」は、大きな画面でじっくり何度も見返すことが多いからです。

また、企業様が社内で導入する様なサービス・商品の場合は、会社のパソコンで見るため、パソコン用のサイトが必要です。

最近では営業マンはタブレットを持っていることが増えました。
営業マン向けのサービスなら、タブレットにも最適化しておくと良さそうです。

2017年までにスマホ対応する理由は……
Googleが2017年には、パソコンとスマホで検索結果を切り分けると発表したためです。
→12/21訂正:スマホ版の内容が重視されるようになるそうです。
ひゃ〜〜〜!

おわりに

企業向けであれば、当然ながらアプリやWebサービスも、パソコン優先です。
個人事業主でも、企業様とお仕事することが多いのであれば、パソコン向けのホームページもあると良いですね!

信頼度をアップするために、ホームページを作りたい。
必要になると感じていらっしゃるなら、顧客層についてしっかり考えておくことがポイントです。

それではまた〜。

Category : 伝わるホームページ
スポンサーリンク

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

Webデザイナー るこ

「いつまでも、ゴキゲンな自分で、楽しく仕事したい」個人事業主の働き方をテーマに、Web活用なども交えて発信しています。プライベートでは娘の写真を撮ってスクラップブッキング、手帳・文具・万年筆をこよなく愛する親バカ系。
»るこのnote(日記)はこちら

ブログ一覧へ戻る