個人事業主が「お互いの幸せのために」ご依頼をお断りした方が良いケース個人事業主の働き方

「本当はやりたくなかった」のに、どうしてその依頼を請けてしまったのか。
わたしは「いい人ぶりたかった」から、「今更見捨てられない!」が多かったかなあ(遠い目)。

この記事では、幸せな個人事業主として働くための「お断りの基準づくり」についてお伝えしています。

お断りの基準をつくろう

  • 専門外だけど、やろうと思えばできるかも。
  • 急ぎの仕事かぁ。いい収入になりそうだし、今週一週間はお休みナシでがんばろうかな。
  • このサービス続けるか悩んでるんだけど、お申込があった!
  • 今月は仕事がないから、ちょっとでも稼いでおかないと!

大してやりたくなかったのに、転がり込んできた案件を受けて、後悔すること、個人事業主なら1度や2度経験済みかと思います。

このようなお仕事は、結局お互いにもやもやが残ってしまい、手に入れたお金以上の負債がのこるから困っちゃう。

だったら、請けなきゃよかったのに。なんて思っても、時に遅し。
後の祭りなことが大半です。

そこで、後悔しないために、お断りの基準をつくることをオススメします。

方法はカンタン! 嫌だと感じたことをピックアップ

嫌なことって意識しやすいですよね。
仕事をしている上で「モヤっ」としたこと。「ザワっ」としたこと。
「嫌だ」と思ったことを、全てメモしてください。
そこに、お断りの基準が潜んでいるはずですよ。

5つのお断り基準

さて、わたしが下請け時代に決めた「お断り基準」を大公開!

予算感が合わない

わたしが気をつけたいと思っているのは予算感。
自分にとって40万はホームページ制作では、かなり安価です。
しかし、15万でも高いと感じるお客様だとしたら?

あなたが、費用以上の頑張りをものっすごくみせた場合、お客様はとても満足だと思いますが、あなた自身が疲弊します。

るこるこ
40万分の作業を必死でやってるのに!

お客様お客様
15万も払ってるんだから、もっとしっかり作ってもらわなくっちゃ!

どうしても予算感が合わずにお値引きする場合は、必ず正規の値段を記し「特別お値引き」という形で、つじつまを合わせた請求書を発行してください。

安価で良質なサービスを受けたお客様が、あなたが身を削って必死でがんばった結果と比較して、他の同業者を不幸にしてしまうからです。

業務領域が違う

産後すぐは、自分の価値がなくなるーーと怖くなってしまい、専門外のお仕事も請けてしまいました。

例えば、

  • コーディングのみの発注
  • ブログの記事の代筆

これらは2度と受けるまいと、心に誓いました笑。
理由は、得意でも好きでもないので、苦痛になってしまったのです。

苦手でも好きなことなら続けられますし、目的意識を持って請けるなら、お金をもらいながら勉強できます。
その仕事を請ける、目的意識はありますか? 

るこるこ
果たしてやりたい仕事でキャパがMAXでも、この仕事、受けますか?

自分に問いかけてくださいね。

スケジュールが合わない

ママの身では、あまり無理が効きません。
急なお仕事。
短納期のお仕事を請けたなら、徹夜してでも完成させる必要があります。

短納期のお仕事は、すぐ現金化できるメリットもあります。
しかし、ワンオペ育児中でそんなにカラダが強くない身としては、請けるべきではない。
という結論に達しました。

るこるこ
短納期でも、身体を壊しても、どうしてもやり遂げたいお仕事ですか?

サービス内容を改定しようとしている

サービス内容が変わるタイミングは、ターゲットやコンセプトも変わることが多いです。
すると、自分の提供しているサービスに違和感が出てきます。
楽しんで提供できるならいいのですが、早くやめた〜〜い! と思いながら提供するのはとても失礼だと感じました。

どんなに求められても、改定のタイミングでは提供を中止することも大切です。

るこるこ
人間引き際がカンジンですよ〜!

金づるに見える

お金がなく、生活が苦しい時になりやすいのですが、お客様の顔が「¥」に見えてきたら要注意。
「自分のお断り基準」を破ってまで、お仕事を受けてしまう可能性があります。

これが恐ろしいのは、いざ、基準をクリアしたお仕事が入ってきた時に、受けたくなかったお仕事でキャパがたくさんになってしまうこと!

個人事業主のカラダは一つ。
人間に与えられた時間は、1日に24時間。
それだけは変わりません。

本当にやりたかったお仕事を逃してしまわないように、お金に困っている時こそ、ぐっと我慢することがおすすめです。

るこるこ
個人事業主の特権は、お仕事を断れることですからね!

おわりに

不思議なことに、無理して受けたお仕事は、お互いにアンハッピーに終わるのはなぜでしょう。
仕事の出来はさておき、人間関係という意味でいうと、無駄にすり減るからです。

お断りすることで、お客様は新しい事業主さまと出会うことでしょう。
その人とは、価値観がマッチしてるかもしれない。

であれば、合わない価値観に無理して合わせるよりも、マッチしている人同士でお仕事する。
これが一番ハッピーな結末だと考えています。

WordPressではじめるWEBの仕組みづくり7日間メール講座

オトナ女子にピッタリ!ブログ運営に集中できるWordPressテーマプレゼント
  • 「@luelue.com」というドメインからメールが届きます。あらかじめフォルダ分け設定を行って頂きますようお願い致します。
      Yahoo、hotmailなどのフリーメールアドレスでは受信できない場合がありますので、プロバイダーメールアドレスを推奨いたします。
  • メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。
  • 本メール講座及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
  • いつでも解除可能です。

Pickup Article同じカテゴリーの記事

ブログ一覧へ戻る