素材のつくりかた

USBメモリーに調整後のイラストを保存する

こんにちは、ルコです。

「調整後のイラストをUSBメモリーに保存する方法」も聞いてみたかったとのご意見がありましたので、この場で回答させていただきますね。

調整したあとのイラストは、USBメモリーに「保存できます」。

保存の方法について

保存の方法は2つあります。

(1)デスクトップなどわかりやすい場所に保存しておき、調整が完了してからUSBに保存する

(2)初めからUSBメモリーに保存して、そのファイルで作業する

の2つです。

(1)と(2)のどちらが良いかといえば、(1)の方がパソコンの処理速度が速くなります(理由は省略させていただきます)。
そのため、まずはパソコン本体のデスクトップなど、わかりやすい場所に保存する方がオススメです。

調整が完了したら、デスクトップにあるPSDファイルをUSBにコピーします。

USBメモリーにファイルをコピーする方法

Windows・Macintoshどちらでも、

  • デスクトップに保存したファイルをコピー&ペーストする
  • デスクトップに保存したファイルをドラッグ&ドロップで移動する

のいずれかで保存できます。

コピーの方法

  1. ファイルを右クリックしてでてくるメニューから「コピー」
  2. ファイルを選択した状態で、OSの上のメニューから「コピー」
  3. ショートカットを使ってコピー
    Windws:Control + C
    Mac:Command + C

ペーストの方法

USBメモリーを開き、ファイルをペースト(貼り付け)したい場所に下記の方法でペーストしてください。

  1. OSの上のメニューから「ペースト」
  2. ショートカットを使ってペースト
    Windows:Control + V
    Macintosh:Command + V

USBメモリーが表示される場所

USBメモリーが表示されていても、どれがUSBメモリーかわからない場合は、USBメモリーのメーカー名を確認してください。
USBメモリーのメーカー名のついたアイコンが、メモリーであることが多いです。

メーカー名がBUFFALOなら、BUFFALOというアイコンがあるとおもいます。
もしくは、名称未設定・Untitledのような名前かもしれません。

USBメモリーの名前は変えられますので、ご自分のわかりやすい名前に変更しておくと良いですね。

Windows

コンピュータ>記憶装置>USBメモリー

※OSのバージョンによって名称が違うかもしれません

Macintosh

デスクトップにアイコンが表示されます

まとめ

  • USBメモリーに調整後のファイルは保存「できる」
  • 調整自体はパソコン本体で行った方が早い
  • 調整完了後にパソコン本体にあるファイルを、USBメモリーにコピー&ペースト、またはドラッグ&ドロップする

以上の方法で完了です。

ただし、USBメモリーは完璧な媒体ではありません。

小さくて持ち歩きしやすいということは、落として無くしてしまうこともあります。
突然の雨で濡れてしまった。磁気のそばにもっていってしまった! などのハプニングで、壊してしまう可能性もあります。

USBメモリーは持ち歩き用と割り切って、必ずデータ自体は、パソコン上に保存しておいてくださいね。

Category : 素材のつくりかた
スポンサーリンク

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

想いをカタチにするデザイナー / Web & Graphic Designer 丸山るこ

「自分らしく働く女性」を応援したい想いから、お客様のサービス、お人柄を理解し「一貫してデザインを任せられるパートナー」として活動しています。 当ブログでは、ホームページやブログ、名刺などのツールについてお伝えしています。 5歳の女の子の母。趣味は文房具選びと娘の写真を撮ること。