homepage伝わるホームページ
伝わるホームページ

個人事業主に24時間働く営業マン「ホームページ」は必要なのか?

同業者仲間との話題によく登るのが「本当にホームページである必要ってある?」

なんとなくソレっぽく見えるので「ホームページ」という体裁を好まれることも多いですが、ブログで十分なケースも多々。
それどころか、SNSだけでOKな方もいます。

さて、ホームページを24時間働く営業マンとして雇うのは、どんな方でしょう。

個人的な見解では、以下のような方はホームページがあると良さげ。

  • 実店舗がある
  • スクールなど規模感のある事業
  • 競合が多くブランディングしたい
  • 見せたい作品が沢山ある
  • 紹介されることが多い
  • 法人成りする

それ以外のビジネスモデルであれば、ブログ形式で十分。
対個人(toC)の協会ビジネスなど、サービス内容が「わかりやすく、シンプル」なら「SNS+メルマガ」で良いと考えています。

SNS集客におけるブログの役割

アメブロか、WordPressか?

という話を耳にすることがありますが、正直アメブロだろうと、FC2ブログ、はてなブログだろうと、WordPressだろうと、SNS集客で使うなら関係ありません

SNSでは書き切れない「ボリュームのある情報を置く場所」として使っているからです。

「毎日写真モリモリの日記を載せたい!」のなら、そのまま無料ブログを使った方がハッピーですよ(*^_^*)

WordPressブログが役立つ場面

+αで、

検索エンジン経由で、まだ見ぬお客様と出会いたいにゃん!
という目的があってはじめてWordPressが生きてきます。

でも、これだけなら、独自ドメインを使ったWordPressブログや、はてなブログでも大丈夫。
ブログを使って、しっかりと情報を整理してあげてください。

  • ブランディングしたい。
  • 差別化したい。
のであっても、ブログ型のままカスタマイズしていけば良いと思います。

ホームページが役立つ場面

それではホームページが役立つ場面はなんでしょう?

目的を持って訪れたお客様に、欲しい情報を、簡潔に見て貰うことで、サービスにより興味を持って頂く。
そんな目的があるときに役立ちます。

ブログの欠点は、文章中心であること。
その性質上、情報があちらこちらに点在しており、欲しい情報がわかりづらいこと。

このブログに情報があるので、ご自由に探して欲しいにゃん♪
と言われて探すでしょうか・・・?
どんなに魅力的なサービスでも、サービス内容をすべてお伝えすれば良いとは言えません。
あなた自身はサービス内容を理解しているので、何を探せば良いのかわかると思いますが、お客様にはわかりません。
あれもこれもお話した結果、お客様が混乱してしまうことも、よくあります。

「ホームページは、24時間あなたの代わりに働いてくれる営業マン」だと、言われます。

さて、営業マンはどんなことをしますか?

わかりやすくサービスをお伝えするために、お客様に必要な情報を端的に。
図を用いて、プレゼンしながら、わかりやすく! お伝えするのではないでしょうか。

順を追ってお伝えすること流れを作ることは、ブログやSNSでは難しいと言えるでしょう。

ホームページは、なんとなく作るのではなく、
どんな順番でお話すると伝わりやすいかを設計して、お客様に理解していただきやすくなるように、流れを作る事が大切なんですね。

しっかりと整理して、視覚化してご案内することができるなら、優秀な営業マンになってくれるはず。

ただし、お一人でまとめるのは、簡単なことではありません。。
プロのチカラを借りて、初めて生きるツールがホームページなんです。

ホームページの欠点

しかし、ホームページには欠点があります。

営業マンは、お話を聞いて貰うために、何をしますか?
お店があるからといって、存在を知らなければお客様は集まりませんよね。

テレアポしたり、メール営業したり。

そう! お話を聞いてもらうチャンスをつくる必要があるんです!

ホームページにはなんらかのハブからお客様がやってきます。
つまるところ、お話を聞いて貰うために、まず

  • 広告
  • 検索
  • 口コミ
  • SNS
などで、ホームページに集客する必要がでてくるんです。

低単価&仕事内容がはっきり&実店舗がないお仕事

協会ビジネスのように、低単価でやることがハッキリしているお仕事の場合、SNSで興味をもってもらい、そのままメッセンジャーでお申し込み頂けることが多いです。

ご自身でホームページをつくることに労力をかけるより、こまめに発信する方が、すぐさま成果につながる可能性が高いです。

まとめ:ホームページが24時間働く営業マンになるためには

身だしなみを整え、ウィットに富んだ話術と、頭の中を整理してお伝えすることが大切。

ホームページを見てもらうためのアポ取りが必要。

お仕事の業態によっては

  • SNS集客で充分
  • ブログ集客で充分
な場合も多い。
ということを踏まえた上で、本当に必要なのか判断したいですね。

私はご覧の通り、ブログ型のホームページを持っています。
更にSNSでもマメに発信しています。

SNS+検索+紹介で存在を知っていただき、その中からサービスに興味を持ってくださった一握りの方がホームページ部分を見てくださる。
その時、チャンスを逃さないために、ホームページ部分をしっかりと研ぎ澄ませて、磨きたいと思ってます。

あなたのお仕事は、どのケースに当てはまりますか?

るこるこ
どうすればいいのか、全くわからん・・・という方は、個別相談を承っておりますので、お問い合わせくださ〜い!(最後は宣伝でした、えへ)

それでは〜!

Category : 伝わるホームページ
スポンサーリンク

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

Webデザイナー るこ

「いつまでも、ゴキゲンな自分で、楽しく仕事したい」個人事業主の働き方をテーマに、Web活用なども交えて発信しています。プライベートでは娘の写真を撮ってスクラップブッキング、手帳・文具・万年筆をこよなく愛する親バカ系。
»るこのnote(日記)はこちら

ブログ一覧へ戻る