wordpress-basicBackWPup&DropBoxで大切なデータをすべてバックアップ

WordPressの基本

あなたのWordPressブログやホームページのバックアップは大丈夫?
サーバートラブルや、WordPressのトラブルで、大切なブログやホームページが消えてしまったら恐ろしいですよね。
いざというときに元のカタチに復旧できるよう、BackWPupとDropBoxを使って、

  • WordPressの設定
  • 記事
  • アップした画像
  • テーマ
  • プラグイン
を、まとめてバックアップする方法をご紹介しています。
バックアップする方法はたくさんありますが、一番てっとり早いのが、
「BackWPup」というプラグインを使う方法です。
その中でも、「Dropbox」に保存する方法をお勧めしています。

バックアップの下準備! BackWPupをインストール→有効化

管理画面>プラグイン>新規追加から
「BackWPup」を検索して、インストールしてください。
インストールが完了したら、「有効化」というボタンを押してくださいね。

BackWPupに新規ジョブを追加

管理画面>BackWPup>ジョブ: 新規ジョブ

ここはこのままでOK。
ジョブ名はお好きにどうぞ。

ジョブの伝送先(バックアップの保存先)


バックアップファイルの保存方法
✔️DropBox
を選んで変更を保存します。

DropBoxというタブが増えます。

どうしてDropBoxにバックアップするの?

MySQLデータだけ保存するなら、メールに送るのが手っ取り早いのです。
ですが、WordPressの設定や記事の本文だけではなく、まるっと全部バックアップしたいですよね。
アップロードした画像・テーマ・プラグインもアップを含めると、データ量が重くなります。
ちなみに、Luelueのデータは450MBあり、メールでは送ることができませんでした(笑)。

  • WordPressのフォルダにアップロード
  • FTPバックアップ
という方法もあります。
ところが、これらの方法では、サーバートラブルが発生したときに、バックアップデータごと消えてしまう可能性があります。
だからこそ、WordPressを保存しているサーバー以外を選びたいのです。

BackWPupとDropBoxをつなぐ設定をする

DropBoxをお使いでしたら、先にログインしてください。
DropBoxのアカウントをお持ちでない方は、「アカウントを作成」をクリック
DropBoxのアカウントをお持ちでない方は、「アカウントを作成」をクリックしてくださいね。

Dropboxのアプリへのアクセスでコードを取得


「Dropboxのアプリへのアクセス」の横にある、[Dropboxのアプリ認証コードを取得]というボタンを押してください。
DropBoxのホームページが開きます。

許可を押してください。コードが表示されます。

表示されたコードをコピーしてください。

BackWPupにコードをペースト

BackWPup に移動し、先ほどのコードをペーストして、
変更を保存をクリックしてください。

認証済みになったら完了です。

WordPressのバックアップを実行してみる

認証済みになったら
BackWPup>ジョブ
「作成したジョブ」をクリックしてください。

プログレスバー(進行状況がわかるバー)が出るので、のんびりまってくださ〜い!

DropBoxのバックアップを確認する

バックアップが完了したら、BackWPup>バックアップを見ると……
DropBoxに保存されたファイルがわかります。

DropBoxにも、同じファイルがあることを確認できます。
いざという時は、こちらのファイルを使えば復活することができますよ。
古いバックアップは適宜削除しておくとわかりやすいです。
バックアップは必ずしておいた方がいいものですので、ぜひぜひお試しください。

UX/UI Designer luelue

イラストレーター→デザイナー→Webデザイナー→Webディレクターとして働く小学一年生のママ。
出産前に描いた「仕事と子育てとの両立」についての見通しが甘く、出産してはじめて、今までのようには働けないのだと気づきました。
好きな仕事だからこそ諦めることが悔しくて、以来、今の自分にできる最善な働き方を求め行動しています。
どんな立場であれ、女性は人生のステージが変わるたびに「生き方が180度ひっくり返ってしまう」と感じた経験から、人生の転機に少数精鋭で働くことを選んだ女性オーナー様を、起業とは切っても切れない 「自分メディアづくり」で応援しています。

コメントは受け付けていません。

ブログ一覧へ戻る