web-standardizationWebで伝える
Webで伝える

事業拡大の前に「実績を整理」したほうが良い理由

いざ、自分のお仕事についてお伝えする機会が訪れたときのために、まとめておきたいのが、実績。
ためこんでしまうと、事業を拡大するタイミングに、そりゃあもう一大事になります。

事業拡大のタイミングになると、「パンフレットを刷新」「ホームページを刷新」などの、リニューアル作業が発生するからです。
そのとき、必ず必要になるのが「実績」。

お一人で全て回している個人事業主だけでなく、ある程度の企業でも、実績の原稿や素材を集めることは骨が折れるようです。
というのも、通常業務をやりながらなこともありますが、お仕事をしていても

  • 写真を撮ってない
  • お客様の声をもらっていない
などの残念な出来事がおきがちだからです。
実際マメに撮影しておこうと気づけるシーンばかりではないですよね。

さらに、撮るだけとったけど、「データがまとまってない」なんていう事件もあります。
撮ったその日なら覚えていたはずなのに、時間が経ったばかりに、いろんな資料と照らし合わせながらコメントをつけることに。
その数が2〜3個でなく30個あったとしたら……?

気が遠くなるのではないでしょうか……。
あった方がいいんだろうなと思っても、必要に迫られないと・・・やれないんですよね。
私も、いざ「ポートフォリオ送ってください」と言われてから、焦って整理しなおしたことが多々あります。

そこで、日頃から実績をまとめ、整理する習慣をつけることをおすすめしています。

実績としてまとめたい素材は?

いざホームページやパンフレットを作るわけでなくとも、一番説得力がある資料が「実績」です。
パワーポイントなどのプレゼンソフトに貼り付けて管理したり、パソコン上のフォルダに、画像とテキストを格納する形でも大丈夫。
とにかくまとめてみましょう!

実績としてまとめておきたい素材は……基本的には3つ。

  • お写真
  • お客様の声
  • ご自身のコメント
を、少しずつでも、まとめておけたら楽になるはず。

お写真

無形物を扱っている方は、お客様と撮影したお写真や、セミナー、サービス中のお写真が、実績のお写真にあたります。

  • 実績のお写真

お客様の声

実績に説得力を添えてくれるものが、第三者目線の声。
広告だと捏造することもありますが・・・(えっ!)、お客様の熱量のある生のメッセージを集めたいですよね。
悩んでいる時に背中を押してくれるのが、似たような立場の方のメッセージではないでしょうか。

  • ご感想(手書きならなお良し)
  • お名前(イニシャル / 実名 / 仮名)
  • 年代
  • 性別
  • 場合によっては職業
  • お客様のお写真
 があると、安心です。
掲載許可を撮ることも忘れないでくださいね。

ご自身のコメント

コメントはお仕事内容によってかわると思いますが、

  • いつのお仕事なのか(制作年)
  • どのお客様のお仕事なのか(クライアント)
  • 何を担当したのか(担当工程)
が、最低限必要です。思い入れがある場所、こだわりのポイントなどあれば、盛り込むのも素敵です。

終わりに

実績をまとめておくと、発信でも役立ちますし、いざデザインされたツールを作るときも、サクッと制作会社に提出できるから、ラクチンですよ。
余裕があるとき、まとめて準備してみることをおすすめいたします。
それでは!

Category : Webで伝える

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

Webデザイナー Luelue 丸山

Webデザイナーの立場から、個人事業主のWeb活用をテーマに発信しています。
得意分野はWebデザイン。イラストレーション。コーディングもぼちぼち。
WordPressテーマblanc note.を作ったり、お絵かきにブログ、SNS起業に足を突っ込んだり、収集がつかなくなり最近自粛してます。
プライベートでは娘の写真を撮ってスクラップブッキング、手帳・文具・万年筆をこよなく愛する親バカ系。

ブログ一覧へ戻る